(170)『古事記』顕宗天皇の復讐 猪飼の老人殺害・雄略天皇陵の破壊
飛鳥川 (奈良県)

これまでのあらすじ

清寧天皇が崩御した後、

皇位継承者として履中天皇の孫であり、市辺之忍歯王 (イチノヘノオシハ) の息子である袁祁王 (ヲケ) が顕宗天皇として即位しました。

顕宗天皇雄略天皇に殺害された、父 (市辺之忍歯王) の骨を探し出しました。

猪飼の老人

次に、父・市辺押歯王が殺された時、兄・意祁王(オケ)とともに逃げ出した際、途中でお弁当を強奪されたことについて、犯人が自分から名乗った「山城の猪飼」を探し求めました。

猪飼は顔面に入れ墨をしていたので、見つけやすかったのでしょう。

食べ物の恨みは怖いですね。

ついには探し出し、飛鳥川の河原で斬りました。

さらに、その一族の者すべての膝の筋を切りました。

膝の筋

そのため、その子孫が大和に来ると、必ず足を引きずる、と言われるようになりました。

また、その犯人が住んでいた所を探し出したので、名付けて志米須(シメス 所在地不明)と呼ぶようになりました。

雄略天皇陵破壊

顕宗天皇は、その父王の市辺之忍歯王を殺した雄略天皇を深く恨み、その霊(みたま)に報復しようと思われました。

そこで、その雄略天皇の御陵を破壊しようとして、人を遣わした時、兄の意祁王が申し上げました。

雄略天皇の墓と治定されている高鷲丸山古墳 (大阪府羽曳野市)

意祁王
この御陵を破壊するのに他人を遣わしてはいけません。

私が自ら行き、天皇(弟) の御心通りに破壊して参りましょう

そこで、顕宗天皇は言いました。

顕宗天皇
それならば、言葉どおりに行ってきなさい。

こういうわけで、兄の意祁王が自ら向い、少しだけ御陵の端を掘り、還り上り、

意祁王
堀り壊しました。

復奏(カエリゴト:しっかり調べ、天皇に申し上げる事)しました。

すると天皇は、意祁王が早く還り上って来たことを不思議に思い、

顕宗天皇
どのように壊したのか?

と尋ねました。

意祁王は、

意祁王
(雄略天皇の)
御陵の傍らの土を少しだけ掘りました

と答えました。

また、顕宗天皇が言いました。

顕宗天皇
父の仇を報いたいと思うなら、
ことごとく陵を破壊すればいいのに
なぜ少しだけしか掘らなかったんだ?

すると、意祁王 は、

意祁王
そのようにした理由は、父王の仇を報いたいと霊に報復しようと思うのは当然であります。

しかしその雄略天皇は父の怨敵ではあるが、
一方では私たちの従父であります。

また、天下をお治めになった天皇でもあります。

ここで今、単に父の仇という志だけをもって、天下を治めてた天皇の陵をことごとく破壊したならば、後世の人々は必ず非難するでしょう。

ただ、父王の仇は報復しなければいけない。

ゆえに、その陵の傍らを少しだけ掘りました。

既にこの辱めにより、後世にその志を示すに十分な事です。

このように申し上げたので、顕宗天皇は、

顕宗天皇
それもまた大きなる道理です。

命(ミコト:意祁王)のお言葉どおりで良いとしましょう。

その後、顕宗天皇が崩御すると、すぐに意祁王が皇位を受け継ぎました。

顕宗天皇の御年は、38歳。

天下を治めた期間は8年です。

御陵は片岡の石坏岡(イワツキノオカ:奈良県香芝市今市)の上にあります。

顕宗天皇陵と治定される傍丘磐坏丘南陵 (奈良県香芝市)

陵名は傍丘磐坏丘南陵(カタオカノイワツキノオカノミナミノミササギ)です。

はるさん的補足 凄惨なドラマの終焉

日本書紀」によると、顕宗天皇

幼少期に播磨の志染(シジム)に隠れ住むなど、苦労を重ねてきたこともあり、

庶民の苦しい暮らしを理解し、負担を軽くする善政を行なったと言われています。

そして顕宗天皇は、雄略天皇陵僅かに壊しただけにとどめました

これにより、安康天皇の時代から続いた凄惨なドラマも幕を閉じます

古事記の他の記事

古事記の他の記事はこちらからご覧ください。

上巻(天地開闢から海幸彦山幸彦)

中巻(神武天皇から応神天皇)

下巻(仁徳天皇から推古天皇)

にほんブログ村

おすすめの記事