(131)『古事記』香坂王と忍熊王の反乱 神功皇后は卑弥呼か?
琵琶湖

これまでのあらすじ

仲哀天皇の皇后である神功皇后新羅の親征から帰国後、品陀和気(ホンダワケ 後の応神天皇)を出産なさいました。

「古事記」における香坂王と忍熊王の反乱

皇位をめぐる戦いが勃発

仲哀天皇を中心とした系譜

出産を終えた神功皇后品陀和気命(ホンダワケ 後の応神天皇)大和に帰ろうとしました。

その時、神功皇后は、

品陀和気の異母兄にあたる、香坂王(カゴサカノミコ)と忍熊王(オシクマノミコ)が後継者争いをしようとしている

という情報をつかみます。

神功皇后品陀和気を待ち構えて殺害し、天皇の座を奪い取ろうという物です。

仲哀天皇が崩御した後、天下は(胎内から)赤ちゃんの品陀和気(応神天皇)が治めていることになっています。

つまり実質、神功皇后建内宿禰が天下を治めている状態です。

ですが、香坂王忍熊王の母方の家の方が天皇家に近い一族ですので、彼らの不満はもっともだといえるでしょう。

そこで、神功皇后香坂王忍熊王の目を欺くために、

仲哀天皇の亡骸を運ぶ船を用意し、その喪船に品陀和気を乗せ、品陀和気は死亡したという噂を流しました。

香坂王忍熊王斗賀野(トガノ)で待ち伏せ、戦況を占うウケイ狩りをしました。

すると、怒った大きなが現れて、香坂王を食い殺してしまいました。

忍熊王伊佐比宿禰(イサヒノスクネ)を将軍に立てて郡勢を構えて、神功皇后に攻撃を加えようとしました。

琵琶湖に身を投げた忍熊王

忍熊王神功皇后に戦いを仕掛けると、皇后も迎え撃ち、忍熊王を劣勢に追い込みました。

忍熊王は一旦敗走しましたが、山城国で軍を立て直し、皇后の軍と一進一退の攻防戦となります。

膠着状態を脱するために、皇后軍が一計を案じます。

神功皇后の軍
皇后が戦死したので降伏する

と、偽情報を相手に伝え、忍熊王軍がスキを見せたときに一気に攻めます。

忍熊王軍はチリジリになって逃げますが、皇后軍逢坂(オウサカ)まで追い、楽浪(ササナミ)で壊滅させました。

忍熊王
いざ我君(アギ)
振熊(フルクマ)が 
痛手負わずは
鳰鳥(ニオドリ)の
淡海(アフミ)の海に
潜(カヅ)きせなわ

現代語訳
さあ我が将軍よ
振熊の痛手はもうたくさんだ
あの鳰鳥(ニオドリ)のように
近江の海(琵琶湖)に
すっぽり入ってしまおうよ
鳰鳥(カイツブリのこと)

忍熊王伊佐比宿禰(イサヒノスクネ)と共に琵琶湖に入水し、自ら命を絶ちました。

はるさん的補足 神功皇后は卑弥呼か?

日本書紀」では天皇以外で唯一、神功皇后(169年〜269年)に独立した項目を持って登場させています。

そして「日本書紀」の神功皇后の記述に

倭の女王が魏の皇帝に貢物を贈った。

という「魏志倭人伝」の記事が引用されています。  

卑弥呼 安田靱彦

そのため、神功皇后邪馬台国卑弥呼ではないかという説が生まれました。

卑弥呼は239年に中国・魏の皇帝から「親魏倭王(シンギワオウ)」の称号を与えられた女王です。

呪術で民を支配し、が政治を助けたことも記されています。

このことから、

卑弥呼神功皇后の他に倭比売(日本武尊の叔母)や天照大御神ではないかという説もありますが、邪馬台国の場所と共に謎のベールに包まれています。

天地開闢からこれまでの記事

ここまでの記事はこちらからご覧ください。

上巻中巻

にほんブログ村

コメント一覧
  1. 才色健躾 より:

    琵琶湖にその様な伝説は知り得ませんでした。勉強に為りました。
    神功皇后は為る手の皇后さまなのですね。独立された項目は納得ゆきます。
    琵琶湖の楽浪とはどちらを指すのでしょうか
    地理的には安土、野州当たりの様に思えます
    卑弥呼画は良くお見掛けします。然りながら此方は神功皇后なのですね。

    • harusan0112 より:

      ありがとうございます♪
      琵琶湖の西南一帯を指していたようですね。
      柿本人麻呂の
      楽浪の志賀の辛崎
      幸くあれど 大宮人の
      舟待ちかねつ
      という歌が万葉集に載っているそうです。
      卑弥呼さまが記紀に出てくる方かわからないです。邪馬台国の位置と共にロマンチックなミステリーです。

  2. Yoshi より:

    この争いのいかんによっては、八幡神(ホンダワケ・応神天皇)は存在しなかったかもしれないわけですね。
    神功皇后は出産も大変だったし、無事に産んだと思ったら今度は子供ともども命を狙われるわで、受難続きな事でした。まあ双方から見る・考えると、襲う側の気持ちも分からないでも無いですが。それにしても産後の体でよくぞこれだけの事をやったと思うと相当な手腕です。
    卑弥呼はいろんな説があるのですね本当に。不明部分も多いですが、面白くもありロマンもありです

    • harusan0112 より:

      ありがとうございます♪
      忍熊王の気持ちも分かるし、むしろ、神功皇后は騙して勝ったのね〜と思ってしまったりします。
      たしかに、神功皇后の元気さには感嘆させられますね。
      卑弥呼さまは謎が多いですが、古代のスーパースターなので、むしろ神々や皇族を卑弥呼さまのモデルだと主張したい方々がいらっしゃるように思います。
      個人的には、卑弥呼さまはクマソ一族の巫女なのではないかと思っております。
      それなりの王国だった地方豪族の一つではないかと。
      邪馬台国の場所もわからないのでロマンチックミステリーですね。

  3. さゆ より:

    魏と同時代だったら、実力のある神巧皇后が卑弥呼にあたるかと思いますが、同時代でないとすると、神の中でも、最高神で太陽神のアマテラスや、アマテラスを祀る場所を探した実行力、判断力、愛情のある倭比売が卑弥呼かもしれないのですね。
    どの方も行動力、部下を従わせる力のある女性ですね。

    • harusan0112 より:

      ありがとうございます♪
      卑弥呼さまはとても人気があるので、論争が絶えません。
      素晴らしい女性だったのでしょうけれど、クマソの女王(巫女)のような存在の方だったのではないかという気が致します。
      天照大御神や神功皇后はフィクションがあまりにも多くて(神なので)中国の歴史書に載らない方のような気がしますし。
      でも天照大御神説を熱く主張する方にお会いしたこともあります。笑

コメントを残す

おすすめの記事