(88)『古事記』神武天皇、熊野に到着する・石上神宮・夢のお告げ

石上神宮(奈良県)

前回までのあらすじ

天下を治めるために東に向かった「イツセ(五瀬命)」と「イハレビコ(神武天皇)」一行は大和地方の豪族の攻撃に遭いました。

そこで「イツセ」は負傷し、亡くなります。

自分たちは太陽神の子なのに、日に向かって戦ったことが良くなかった

と理由づけをし、「イワレビコ」一行は南に向かうことにしました。

「古事記」における、熊野上陸

(「イツセ」が亡くなったので、これ以降は「イハレビコ(神武天皇)」が単独で指揮を執ることになります。)

南に進んだ「イワレビコ(神武天皇)」一行は熊野に着きます。

そこへ大きな熊が現れ、姿を消しました。

すると一行が皆、意識を失い伏せってしまいました。

全滅か、と思われた時、熊野の「タカクラジ(高倉下)」が太刀を持って訪ねてきて、その太刀で悪き神の息吹を祓うと「イワレビコ」が目覚め

イワレビコ
長く寝ていたものだ

と言いました。

イワレビコ」がその太刀を受け取ると、熊野の荒ぶる神々は逃げ兵士たちも皆、目覚めました。

イワレビコ」が「タカクラジ」に太刀を手に入れた経緯を尋ねると、「タカクラジ」は自分が見た夢の話しをしました。

タカクラジ
アマテラス(天照大御神)」と
タカミムスビ(高御産巣日神)」が
タケミカヅチ(建御雷神)」を呼んで言いました。

葦原中国(地上のこと)が酷く騒がしい。
わが御子たちが苦しんでるようだ。
お前が治めた国(大国主命に国を譲らせた)だからお前が降臨して御子を助けてあげて!

すると「タケミカヅチ」は
自分が下らなくても、あの国を平定した太刀があるので、その刀を下ろしましょう。

と言い、私(タカクラジ)に向かって、
倉の屋根に穴を開けて落とし入れるから、その刀を天津神の御子に献上しなさい。
と、言いました。

翌朝、倉を見ると本当にその太刀があったので(「イワレビコ」に)献上したのです。

この刀の名は「佐士布都神(サジフツノカミ)」または

甕布都神(ミカフツノカミ)」または

布都御魂(フツノミタマ)」といい、

石上神宮(イソノカミジングウ)」にあります。

石上神宮と「布都御魂(フツノミタマ)」について

布都御魂(フツノミタマ)」は「イワレビコ」の大和征服に大いに役立った後「神武天皇」の世では「ウマシマジマノミコト(宇摩志麻治命)」が宮中で祀りました。

ウマシマジマノミコト(宇摩志麻治命)」は物部氏穂積氏らの祖と言われる人物です。

古事記」では少し後に登場するのでその時に詳しく説明します。

第10代崇神天皇」の時、物部氏の「イカガシコオノミコト(伊香色雄命)」によって「石上神宮」に移され御神体となりました。

石上神宮の鳥居「布都御魂大神」の文字

はるさん的補足 夢のお告げ

これまでに「古事記」では神託を知るために「鹿の骨での太占」をしたり、「アメノコヤネ(天児屋命)」をはじめとする神霊に憑依できる神が登場して来ました。

今回は「夢のお告げ」です。

古今東西、夢というものは「何かのお告げや啓示」や「潜在意識・深層心理」などを知ることができるものと思われてきました。

日本も例外ではなく「古事記」には夢のお告げによって、天意を聞く場面が今後も出てきます。

例えば「第10代崇神天皇」の箇所にも、夢に「オオモノヌシ(大物主神)」が現れ疫病退散のアドバイスをくれます。

神武天皇」は「崇神天皇」と同一視されることがあると(86)の記事に書きました。

今回の「一行が皆、意識を失い伏せってしまいました」という文を疫病流行と捉えることもできるのでこのエピソードもお二人が同一視される根拠となりますね。

「大物主神」を祭神とする「大神(オオミワ)神社」(奈良県)

これまでに完成している記事

これまでの記事はこちらからご覧ください。

上巻中巻

にほんブログ村

https://twitter.com/haruaromatarot1/status/1539523810512097281

おすすめの記事