(15)『日本神話タロット』月①「満ちる月 ツクヨミ」
月 「ツクヨミ」

(15)『日本神話タロット』月①「満ちる月 ツクヨミ」

これまでのあらすじ

イザナミ」に先立たれた「イザナギ」は「黄泉の国」に「イザナミ」を迎えに行きましたが、連れ戻すことに失敗しました。

黄泉比良坂」で「イザナミ」と決別した「イザナギ」は禊を行います。

禊をしている時にたくさんの神が生まれました。

左目を洗っている時に生まれたのが「アマテラス」で
そして右目を洗っている時に生まれたのが「ツクヨミ」です。

写真は「イザナギ」が禊をしたと言われる現在の阿波岐原森林公園(宮崎県)です。


『日本神話タロット 極参』月①「満ちる月 ツクヨミ」

「月」のカードの意味

正位置

不安定、偽り、幻惑、現実逃避、猶予ない選択

逆位置
好転、直感、軽度の過ち、過去からの脱却

『日本神話タロット 極参』月「満ちる月 ツクヨミ」の解説文(写し)

イザナギの禊で生まれた三貴子の一人。

夜蝕国を支配するツクヨミは日によって姿を変えます。

そのため日本神話には性別がありません。

日本神話タロットでは2枚の月のカードが入っています。

こちらは満月で女神のツクヨミです。

アマテラスとスサノオの誓約(ウケヒ)で

「女を生んだから自分の心は清い」

というスサノオの弁明があるため、女神のツクヨミは清い存在でアマテラスの太陽に近い「満月」として描いています。

参考記事

「ツクヨミ」について

ツクヨミ」は「アマテラス」「スサノオ」と並んで「イザナギ」の禊の時に生まれた三貴子のひとりです。

にも関わらず「古事記」では
イザナギ」に「夜の食国(夜の世界)を知らせ(統治せよ)と命じられた」
という記述以外には出てこない神です。

「ツクヨミ」という名前

古事記」では月讀命と表記されています。

一般的に「ツクヨミ」と読まれていますが、伊勢神宮などでは「ツキヨミ」と読まれています。

月を読む」というのは「月を数える」という解釈がなされ、と結びつける由来説があります。

ツクヨ」が月で「」が神を表すので「月の神」と解釈するのが一般的です。

古代人には重要視されていた「ツクヨミ」

古事記」や「日本書紀」には殆ど登場しない「ツクヨミ」ですが、民間人には重要視されていたようです。

日本では明治時代初めまで月の満ち欠けに基づいて暦を数える「陰暦」を用いていました。

人々は月の満ち欠けを数えて季節を知り、農業を営んできました。

そのため「ツクヨミ」は「農業神」として信仰を集めました。
三峯神社の末社「月讀神社」(埼玉県)

はるさん的補足

ツクヨミ」はもともと壱岐の地で信仰されていた神だったと言われています。

壱岐は「ヤマト王権」が朝鮮半島との外交を行なう上で、航路上の要衝の地でした。

壱岐には立派な月讀神社があります。

興味のある方はこちら(壱岐観光ナビ)からご覧ください。
昔の人は空の様子を見て

「お月さまにカサがかかると天気が悪くなる」

などと判断していたようなので航路上のの安全を願うために「月の神」を信仰していたのかもしれませんね。

」のカードはもう一枚あります。

そちらで日本書紀」に登場する「ツクヨミについて書いていきます。

おすすめの記事