[皇帝] AFTER TAROT『アフタータロット』
[皇帝]のカード 左がウェイト版 右がアフタータロット

『アフタータロット』とは

「アフタータロット」は「ウェイト版タロットカード」の少し後を想像して描いたカードです。
(2016年 イタリア・LO SCARABEO社製)

詳しくはこちらをご覧ください

[皇帝]の『アフタータロット』

添付の解説書

[皇帝]の『アフタータロット』の解説書
*はるさん的和訳*

[皇帝]は「既知の世界」を支配する君主であり、大黒柱です。
彼は大きな堅い石でできた玉座に座っています。
そして赤いベルベットのローブの下には、いつでも戦いに行けるよう全身に鎧を着ています。
彼は右手に大きなアンク十字架、左手に宝石でできた球を持っています。
足元には大きな牡羊が横たわっています。

参考記事

[皇帝]の『アフタータロット』
*はるさん的見解*

[皇帝]の『アフタータロット』は「ウェイト版タロットカード」と背後の「山の色」と「大きな牡羊が登場したこと」以外は変わりません。

「山の色」について
「ウェイト版タロットカード」の「背後の険しい山々」は、「権威と規律」だけで築いた「男性的世界の不毛さ」の象徴です。
『アフタータロット』では、少しソフトな線と色で描かれていることから、「権威と規律」だけではなく、「思いやりや優しさ」 も加味された世界になっているようです。
したがってもはや「不毛」の世界ではなく、心豊かな世界の[皇帝]となっているでしょう。

「大きな牡羊」の登場
「皇帝」の「いつでも民衆のために戦う気持ち」と「行動力」によって、彼の「統率力」や「人望」が爆上がりしたことを表しています。

牡羊の数の変化で考える
[皇帝]は4番のカードです。
また、玉座には4匹の羊の頭がほどこされています。
「4」という数字は「東西南北」や「四季」や「四大元素」など、世の中の基礎、世界の完全性を表す数字です。
その一方で、「四角四面」など、「真面目で固い」イメージもあります。

そこに、一匹の牡羊が加わり、「5」となりました。
「5」という数字は地上を構成している「土、木、水、火、金」の五行(ごぎょう)や五感など、「多様性」「発展」「情熱」を表す言葉に使われます。
また、コミュニケーション能力を表す数字でもあります。

以上のことから、男性的で、ともすると、四角四面であった[皇帝]が、時を経て柔軟で、より完全な名君になったと解釈します。

[皇帝]のカードの運勢とクリスタル



にほんブログ村
おすすめの記事