❾『日本神話タロット』鬼(悪魔) 「イザナギとイザナミの決別」
「鬼」悪魔

「イザナギ」とイザナミ」の決別

イザナギ」と「イザナミ」は晴れて夫婦になりワタツミ」や「オオヤマツミ」など沢山の子をもうけました。

そして、共に「国生み」もしました。

しかし、「イザナミ」が火の神「カグツチ」を出産した時に、産道を火傷したことが原因で亡くなって「黄泉の国」に行ってしまいます。(「古事記」)

イザナギ」は悲しんだ挙句、十束剣(トツカノツルギ)で「カグツチ」の首をはねます。

その剣についた血から「タケミカヅチ」など8神が、また「カグツチ」の遺体からも8神生まれます。

(「タケミカヅチ」は後日別記事にします。)

『日本神話タロット 極参』鬼 (悪魔)「決別」

悪魔」のカードの意味

正位置

裏切り、束縛、堕落、誘惑、憎悪、嫉妬

逆位置
回復、覚醒、新たな出会い、生真面目、リセット

『日本神話タロット 極参』鬼(悪魔)「決別」の解説文(写し)

イザナミを焼きながら生まれてきたカグツチは、すぐにイザナギに首を切られてしまいます。

首を切ったものの、イザナミへの思いを断ち切れなかったイザナギは、黄泉の国へイザナミを迎えに行きました。

カグツチの首から飛び散った血や、剣から滴り落ちた血から数多の神が生まれます。

火は人が得た最大の文明で、うまく使えば良いものですが、一歩使い方を間違えると「自らを焼く諸刃の剣」だということを神格化しています。

参考記事

火の神「カグツチ」とは

「カグツチ」という名前

カグツチ」は「古事記」では「迦具土神」と記されています。

古事記」に出てくる神様の名前は意味を表しています。

分解して解説しましょう。

・「カグ」→光を表す「影」と同系統です。

竹取物語」の「かぐや姫」と同じ「カグ」ですね。

・「」→助詞の「の」

・「」→霊力を表します。

つまり「カグツチ」とは「光の霊(火の神)」という意味です。

なぜ「カグツチ」は実の父親に殺されたか

なぜ殺されたか、それはもちろん「イザナミ」が亡くなってしまったからですが、「火に対する人の畏れ」を表していると言われています。

火は日常生活になくてはならない物ですが、いったん猛威をふるうと人の手に負えません。

創造神イザナミ」でさえ火の力を制御できませんでした。

ですから斬られなければならなかったのでしょう。

斬られた「カグツチ」の遺体から生まれた神々も「山の神」や「雷の神タケミカヅチ」といった山火事を連想させる神々です。

カグツチ」が殺されたのは「火の神」は重要ながら、「自由に活動してはいけない」ということを象徴しているのです。

「十束剣(トツカノツルギ)」とは何か

イザナギ」が「カグツチ」の首をはねた「十束剣」とは何でしょうか。

日本神話には様々な場面で「十束剣」が出てきます。

」というのは長さの単位で拳一つ分の幅のことです。(10㎝くらい?)

ですから「十束剣」は1メートルくらいの剣でしょうか。

スサノオ」が「ヤマタノオロチ」を退治する時にも「十束剣」は使われますが、同じ剣ではなく「神が使う剣」の一般名称であろうと思われます。

はるさん的補足

天地開闢「世界」の記事に「古事記」と「日本書紀」の違いを簡単に書きました。

日本書紀」では「イザナミ」は死にません。

なぜなら「日本書紀」は中国の伝統思想である陰陽説(この時代のグローバルスタンダード) を基調としているので、「陽神とされるイザナギ」を残して「陰神とされるイザナミ」が亡くなってしまうと、陰陽のバランスが失われて世界全体が滅んでしまうからです。

古事記」では「イザナミ」は亡くなり「黄泉の国」に行きます。

これがローカルアイデンティティです。

黄泉の国」についてはまた別の記事に書きますね。

にほんブログ村

おすすめの記事