暑さのピークが過ぎたこの時期は胃腸を悪くする人が、
多くなるそうです。

暑さと、冷たいものの取りすぎ、
冷房による冷え、、、
そして何より頑張り過ぎた身体を
優しく癒したいですね。
そこで今日は、滋養強壮に効果的で、
胃腸に優しい
山芋を使ったスープを紹介したいと思います。

🥚山芋の栄養

ビタミンB1、、、、、糖の分解を助ける
          疲れにくくなる
          精神の安定
カリウム、、、、、、細胞の浸透圧の維持
          神経刺激の伝達
          細胞内の酵素反応の調節
食物繊維、、、、、、便秘予防


🥚山芋の薬膳的効能

脾臓と胃の虚弱を補益する
    顔色が黄色、息切れ、めまい、
    肥満、四肢の無気力、
    疲れやすい、むくみ、
    下痢などに。
陰液を養い、精微物質が漏れるのを止める。


🥚山芋のスープの作り方(2人分)

用意するもの

山芋(ヤマト芋、長芋)   100g
おろしショウガ    20g
鰹節のだし汁     300g
卵          1個
小ネギ など     少々

作り方

①山芋は皮をむき、1cmくらいに切り
 ジップロックにいれて、
 一口大になるようにたたく。
②だし汁に①を入れ、5分煮る
③溶き卵を回し入れ、火を止める。
④おろしショウガ、小ネギをかざる。

頑張っている人を癒すのにぴったりです。

日本人は昔から、山芋を山薬(サンヤク)として、
とってきました。
これからの季節、たくさん取りたいですね。
たたいた山芋

にほんブログ村

+31
おすすめの記事