ベルガモット

説明する精油:ベルガモット、レモン、
       グレープフルーツ
       ビターオレンジ、ライム

アロマの精油(エッセンシャルオイル)の中には
肌についた状態で紫外線に当たると、
皮膚に
ダメージを与える「光毒性」という作用を
持つものがあります。

光毒性とは、どんなダメージか

精油をどのくらいの濃度で、 肌につけるかにもよりますが、 原液、もしくは、 それに近い濃度のオイルや化粧水 を肌につけて紫外線に当たった場合は、 精油に含まれるフロクマリン類という 成分が紫外線のエネルギーを蓄積します。 その後、一度にそのエネルギーを 皮膚内に放出するため、光毒性効果が生じ、 強い日焼けを起こします。   
 光毒性と関係なく、   肌に直接つけていい精油は   ティーツリーと   ラベンダーだけです。   他の精油は必ず、オイルや水で   薄めましょう。
強い日焼けというのは、火傷と同じなので、 度合いによっては、シミとして残ってしまうのです。 🟡光毒性がある精油は、ベルガモット、レモン、 グレープフルーツ、ビターオレンジ、ライム があげられます。 その中で、最も光毒性が強いのは、 ベルガモットです。 ベルガモットを紹介した他の記事 柑橘系であっても、 スィートオレンジや、 和アロマの、イヨカンやユズには、 フロクマリンが入っていないので、 光毒性はありません ベルガモット、レモン、 グレープフルーツ、ビターオレンジ、ライムを、 マッサージオイルや化粧水に使用した場合は、 数時間、日に当たるのはやめましょう。 夜、使用する分には問題がありません。 レモンを紹介した他の記事 グレープフルーツを紹介した他の記事

それでも、どうしても日中、 ベルガモットを使って マッサージなどを行いたい場合

最も光毒性が強い、ベルガモットの場合、 光毒性を避けるために推奨される濃度は 0.4%以下と言われています。 オイルまたは水100gに対し、0.4gまで なら大丈夫ということです。 精油は、一滴が0.05g出るように、 設計されていますので、8滴までなら 大丈夫ということになります。 一般的に、 マッサージオイルは、ホホバオイルや グレープシードオイルなどの キャリアオイルと呼ばれるオイル 100gに対し、精油20滴くらいの濃度で作る ので、 光毒性のない、 レモングラスや、ローズウッドと ブレンドして作ることをオススメします。 参考記事 その他、レモンなどの光毒性のある精油も、 10滴までなら大丈夫です。 マッサージオイルを使用する時はよく 振って使いましょう。
+41
おすすめの記事