ウェイト版タロットカード 「悪魔」の絵の説明

見るからに恐ろしげな悪魔が 手に松明(トーチ)を持ち、 もう一方の手を挙げています。 その下には 鎖につながれた男女が裸で 立っています。 2人は人間ですが、 もう悪魔のような姿に なりかかっています。 参考ページ

ウェイト版タロットカード 「悪魔」の絵が象徴すること

悪魔は、ヤギの角、ワシやタカの爪、 こうもりの翼を持っています。 この生き物は錬金術を表しているとされています。 錬金術は、神を恐れない 傲慢なものとされていました。 キリストが温和な羊 と、象徴されるのに対し、 ヤギは粗野な存在として、描かれることが多く、 ヤギ=悪魔の姿、という考え方が広がりました。
温和な羊と粗野なヤギ
松明(トーチ)を逆さまに持っていますが、 これも神への冒とくを表しています。 額に描かれた 逆五芒星も堕落の証です。 鎖につながれた男女は ブドウのフサの尻尾、炎のような尻尾を 持っています。 これは、酒、肉欲といった 快楽のとりこになってしまっていることを 示しています。 彼らは、鎖を解こうとしていません。 罪の意識より欲望を優先しているからです。 台座と背景は黒で、悪徳の元凶、試練を 表しています。

「悪魔」のカードの 運勢とクリスタル

+19
おすすめの記事