ウェイト版タロットカード 「教皇」の絵の説明

2本の柱の間に男性が座っていて、 2人の従者のような男性に 説法しています。 中央に座っている男性は、 赤いローブに全身を 包み込んでいます。 頭には、三重になった、 黄金の冠をつけています。 従者は、それぞれ、 赤いバラと白いユリの着物を 着ています。 彼は、右手をあげて、 人差し指と中指を揃えています。 それは、 聖者が魔除けや除霊の際に 用いるサインです。 左手には、教会の儀式で使う、 パパルナ十字の、 教王十字を持っています。 彼の足元には、 2つのカギが クロスして置かれています。 参考記事

ウェイト版タロットカード 「教皇」の絵が象徴すること

2本の柱は、 女教皇のカードにも 出てきますが、 教皇のカードは、石造りで、 ここが現実であることを 示しています。 彼は聖職者で神と人間の間に 座っているのです。 ですが、女教皇とちがって、 あくまで、 現実世界の指導者なのです。 前にいる従者のような人物は 修行者で、 善と悪、天国と地獄、 意識と無意識を表し、どちらに進むかは 修行者が修行することによって 正しい道が見つかることを 示しています 従者が着ている服の柄の 赤いバラは、情熱と欲望を、 白いユリは、精神の純粋さを 示します。
「白い百合」は「純潔さ」や「精神の純粋さ」を表す
教皇は、 人々が神の世界に入れるように、 経典を用いて、 説教しているのです。 赤いローブは、 皇帝も着ていますが、 権力があることを示します。 また、キリストが流した、 赤い血という説もあります。 三重になった冠は、 天国、煉獄、教会を意味するという説と 煉獄 法王が、精神、肉体、魂の3つ に力を及ばせているという説があります。 彼の、上にあげた右手は 「上の如く、下も然り」  という言葉を示し、  地上のものは天のものの 反映であるという意味です。 足元の2つのカギは、 イエスがペテロにたくした、 天国へのカギ、愛の教えです。 天国への門 このカードは、 コミュニケーションの大切さを表します。 さらに、3人の人物を 登場させることによって、 三位一体の協力関係 も描かれています。 三位一体 人は周囲の人々と共に協力して 生きていかなければならなことを 暗示しています

「教皇」のカードの 運勢とクリスタル

+19
おすすめの記事