ウェイト版タロットカード 「魔術師」の絵の説明

魔術師は「愚者」の次の段階のカードです。
机の上に色々な道具をおいた「魔術師」が人々の前で
不思議な技を披露しようとしています。

「魔術師」のモデルは錬金術師
ヘルメス・トリスメギスがモデルです。

ヘルメス・トリスメギス

「愚者」から一歩進んで、夢見る若者から実際に技術を持つ者技術を使える者になったことを表しています。

魔術師は白いユリと、赤いバラが咲いている庭で
立っています。

白いユリは、精神の純粋さ、
赤いバラは、情熱と欲望の象徴で、
二つ合わせて、統合とバランスを象徴しています。

上にもバラが咲いています。

これは昇華した意識が地上界に降り
新たな才能が花開くことを
示しています。

庭園の豊かさと、魔術師の頭の上の無限大♾のマークは、
無限の叡智と知性が天からもたらせ
創造の連鎖が起こることを
表しています。

テーブルの上には、
情熱、愛、知恵、物質が
置いてあります。

「愚者」と違って、「魔術師」は、
これらを使いこなすことができるのです。

参考記事

また、魔術師が、天と地を両方指しているのは、
彼が天から授かった力を現実の地で再現できる者であることを
表しています。

これはヘルメス.メギストスの、
天にあるものはまた地にもある
という言葉を表しています。

参考記事

「魔術師」のカードの 運勢とクリスタル


にほんブログ村

+12
おすすめの記事