「鏡ノ陸」 カップの6

『日本神話タロット 極参』 鏡ノ陸 (カップの6)

「幼き頃」

これは「イワナガヒメ」(「古事記」では「石長比賣」のカードです

「イワナガヒメ」はオオヤマツミ」の娘で、「コノハナノサクヤヒメ」の姉です

降臨した「ニニギ」は「アマテラスオオミカミ」の孫なので、「オオヤマツミ」より格上です

なので、「オオヤマツミ」は子孫の堅固な繁栄を祈って姉妹2人とも「ニニギ」に嫁がせようと目論みますが、容姿が「ニニギ」のタイプでなかった「イワナガヒメ」は、返されてしまいます

参考記事

鏡ノ陸 (カップの6)の意味

正位置
原点回帰、再出発、過去を懐かしむ、子供らしさ

逆位置
過去の執着、辛い記憶の解消、新たな出会い

『日本神話タロット 極参』 鏡ノ陸 (カップの6)の解説文(写し)

帰路で「イワナガヒメ」は美しく生まれて来た「コノハナノサクヤヒメ」を恨みそうになりました

「コノハナノサクヤヒメ」のことを考えていると、幼き頃を思い出しました

「コノハナノサクヤヒメ」と遊んでいたことや、楽しい思い出が溢れてきました

後に「イワナガヒメ」は、「スサノオ」の息子の「ヤジマジヌマノカミ」と結婚しました

「イワナガヒメ」のその後
(下に手書きの系譜あります)

古事記」によると、「オオヤマツミ」の娘「コノハナチルヒメ」が「ヤジマジヌマノカミ」と結婚しとという記述があります
(上巻「スサノオ」の最後「系譜」の箇所)

※ 「ヤジマジヌマノカミ」は「スサノオ」と「オオヤマツミ」の孫「クシナダヒメ」の息子です

「イワナガヒメ」と「コノハナチルヒメ」が同一人物であったかは諸説ありますが

・共に「オオヤマツミ」の娘であること、
・「サクヤヒメ」に対して「チルヒメ」という名前であること、
・「イワナガヒメ」にも幸せになってもらいたいという後世の人の願い

から、「コノハナチルヒメ」=「イワナガヒメ」と解釈することがあります

ちなみに、「コノハナチルヒメ」は 「フハノモヂクヌスヌノカミ」を産んでおり、その4代子孫が「オオクニヌシノカミ

「オオクニヌシノカミ」は「スサノオ」の娘「スセリ」と結婚し、国を平定します

登場する神様だけの系譜を作りました

関係性が複雑なので、系譜を作りました

少しはわかりやすくなると嬉しいです
 はるさんからの注意点
・神様は年を取りません
・生まれたばかりでも子供を作れるようです
・おそらく、妊娠期間がとても短いでしょう
・近親相姦はありありです
古事記」によると

・「コノハナチルヒメ」は「オオクニヌシ」の5代先祖

・「オオクニヌシ」が国を平定して国譲りをしてから、「ニニギ」が天孫降臨した

・「ニニギ」が「イワナガヒメ」を拒否した

ことになっています

こうして見ると 「イワナガヒメ」=「コノハナチルヒメ」説は若干無理があるような気もしますが、神話ですから優しさと夢のある解釈で、いいと思います

「イワナガヒメ」を「日本神話」に登場させた理由

わざわざ「イワナガヒメ」を登場させたのには理由があります

「ニニギ」が最低だと言いたいのではありません

「オオヤマツミ」は(「ニニギ」が「イワナガヒメ」を返してから)

「もしニニギがイワナガヒメと結ばれれば、御子の命は岩のように永遠になり、
コノハナノサクヤヒメと結ばれれば、咲き誇る木の花のごとく栄える。
でも(ニニギは)サクヤヒメだけを求めたため、子孫まで御子たちの命は限りあるものになってしまった。」

と言います

これが日本におけるバナナ型神話です

バナナ型神話とは、生命は永遠のでないことの理由づけとして世界各地にある神話です

アダムとイブが木の実を食べて楽園を追放になったのが有名ですね

参考記事 日本神話は「人間(天皇も)死を避けられないのだ」ということを「ニニギ」が面食いだったせいにしました

故(カレ)天つ神の御子の御壽(ミイノチ)は
木の花のあまひのみまさむ
ーオオヤマツミノカミー


美と死(儚さ)が隣合わせであるという日本の「バナナ型神話」には「もののあはれ」の原点が宿っていると言われています

神様としての「イワナガヒメ」

烏帽子山
本居宣長の「古事記伝」には

「美人の妹(富士山)に嫉妬した姉(烏帽子山)が、雲見に逃れて小さな岩山に祀られ、優しい妹は心配して背伸びして探したので、ますます背が高くなって美しくなった」

と書かれています

ご利益

延命長寿
縁切り、縁結び
子孫繁栄

「イワナガヒメ」だけを祀っている神社は雲見浅間神社などありますが少なく、全国の浅間神社で「コノハナノサクヤヒメ」と共に祀られています

にほんブログ村
おすすめの記事