美しいおはぎ達❣️
🔴日本人にとって身近なあずき


私たちはいつからあずきを
食べていたのでしょうか。

あずきは縄文遺跡からも
発見されているそうです。

ということは、
少なくとも、3000年以上前
から、日本人は
あずきを食べていたことに
なります。


日本最古の歴史書である
「古事記」では、

大気都比売神が、
(オオゲツヒメノカミ)
(オオゲツヒメノカミの
wikiはここをクリック❗️)

須佐男命(スサノオ)
(スサノオのwikiは
ここをクリック❗️)
に食べ物を求められて、
鼻、口、尻から
色々な食べ物をだして
さまざまな料理をして差し上げた。

ところが、スサノオは、
その振る舞いをのぞいていて、
「汚れたものを
進上してきたな!」
と、怒って、
オゲケツヒメノカミを
殺してしまった。

すると、殺された
オオゲツヒメノカミの体から、
色々なものが生まれた。

頭から蚕(かいこ)、
目から稲、
耳から粟(あわ)、
鼻からあずき、
陰部から麦、
尻から大豆

そして、
神産巣日御祖命
(カンムスビノミオヤノミコト)
(wikiはここをクリック❗️)
がこれらを、お取らせになって
種となさった。

と、書かれています。

体から出できた、というのは、
マンガっぽいですが、
女性の体というのは、
子供を産む神聖なものとされて
いたので、
これらの物も、
神聖な体から産まれた神聖なめぐみ
とされ、人々は感謝して
食べていたと思われます。


🔴あずきの栄養食物繊維
  →水溶性と不溶性がバランスよく
   含まれていて、
   腸内環境を整えてくれます。
   コレステロールの低下。
・ビタミンB1、B2
  →エネルギーを効率よく
   作り出す。
   疲労回復
   疲れにくい体に導いてくれます。
   皮膚の成長を促すので、美肌
   にしてくれます。
・ポリフェノール
  →抗酸化作用があり、
   シミ、シワを防ぐ効果があります。
・サボニン
  →利尿効果
   むくみの解消に。
・亜鉛、鉄
  →体内の酸素循環をスムーズに
   してくれます。
   貧血予防に。


栄養があり、GI値も低く、
生活習慣病の予防に
大変よい食材ですが、
‼️砂糖と一緒に取ると、
GI値が一気に上がり、
血糖値が上がりやすい
食材となってしまいます。


カロリーも高めなので
食べすぎには注意しましょう。


🔴あずきの期待できる薬膳的効果効能むくみ解消
あづきをにた煮汁(あずき水)を飲むのが
効果的です。

また、授乳中の方は、
オッパイの出が良くなる効果が
あります。

・うみを出して、解毒
皮膚のはれ、赤み、熱感、
疼痛(トウツウ)、うみに。
(疼痛の説明はここをクリック❗️)


🔴ポリフェノールたっぷり、
ダイエットにも最適なあずき水の作り方

食材

あずき  50g
水    750cc

作り方

①あずきをフライパンで1〜2分、煎る。
 (えぐみが出ないようにするため。)
②鍋に水と①を入れて、火にかける。
 沸騰したら弱火で30分煮る。

30分煮ましょう。
③30分たったら、あずきを濾す。

出来上がったら、冷蔵庫で保管して、
2日以内に飲み切りましょう。

ダイエットが目的なら、食前に飲むのが
効果的との事です。

‼️あずき水には、便秘改善効果や
利尿作用があります。

‼️1日5杯までにしましょう🔴あずき水を作ったら

ゆであずきが出来ますね。

ゆであずきは、

不溶性の食物繊維が多く含まれていて
腸内環境を整えてくれます。

また、加熱することによって
あずきの中のでんぷんが
難消化性でんぷんに変わるので、
腹持ちが良くなります。

そして、食欲抑制ホルモンの分泌
を促す成分がふくまれています。
あずき水
ゆであずき
🔴ゆであずきを使って

あずきは砂糖と一緒に食べると
GI値が一気に上がるということ
なので、
ゆであずきをそのまま
使ってみましょう。

今日はカボチャのサラダに
入れてみました。

カボチャと相性抜群です。
大好きなタケノとおはぎ
🔴それでもやっぱりあんこが好き❤️

GI値が高くなるとはいえ、
栄養はたっぷりで、美容にもいいのですから、
食べたい時は
いただきましょう。

記事の一番上の写真とすぐ上の写真は、
桜新町にある「タケノとおはぎ」さんの
おはぎです。
(「タケノとおはぎ」さんの
インスタは青文字をクリック❗️)

美味しかったです。❣️❣️


おまけ
🔴出雲市にある須佐神社に行ってきました
スサノオの魂をお祀りしている須佐神社
あずきの件では、大気都比売神
(オオゲツヒメノカミ)を殺害
したスサノオは、
乱暴なイメージがありますが
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に
苦しめられた人々を
助けた英雄でもあります。
(八岐大蛇のwikiはここをクリック❣️)
スサノオに助けられて、妻となった
櫛名田比売命(クシナダヒメ)も
祀られています。

🔴参考ページ
 あずきを使ったページ
 奇跡の木 モリンガ

 古事記を紹介したページ
 胃腸の冷えと免疫力UPに!かぶ
 アンチエイジングに牡蠣




にほんブログ村

+33
おすすめの記事