クロコアイト
タロットカードは、占い
をするものだけでなく、
人生の道案内をする道具です。

カードに触れて、絵をよく見たり、
解釈を読むことで、
直感が磨かれていき、自己発見と癒しの
に導いてくれます。

クリスタルも、古来から、
占いにも自己発見にも
用いられてきました。

クリスタル一個一個には、
それぞれ意味があり、私たちの
人生や、生き方に助言を与えてくれます。

タロットの一つに、
クリスタルと合わせて読み解く
方法があります。

タロットの神秘と
クリスタルの美とパワー。

2つの相性は抜群です。

この2つが織りなす占いを通して、
人生を見つめ直すことが
できるのです。

参考記事
「クリスタルとは」

死神」のクリスタル: クロコアイト

クロコアイトは変化の荒波に耐え、 どんな試練も乗り越える 強さを与えてくれます 変化や変容には 痛みが伴いますが、 心配しないで新たな始まりを 期待しましょう フィリップ・パーマット「クリスタルタロット」より

クロコアイトについて

クロコアイトの効果

幸せを招き入れる石」として 知られています 心身のバランスを整える力が強く 肉体と精神の浄化を促し、 癒しの効果を 大きくする働きがあります また、「希望・飛躍・発展」を 促す効果があるとも 言われています チームプレイより、 個人の力を発揮したい場面で 持っている人を助けてくれます

クロコアイトの名前

和名  紅鉛鉱(こうえんこう) 「crocoite」という綴りなので クロコイトと表示されることもあります クロコアイトはサフラン色を表す「krokos」 から命名されました サフランというと、 パエリアの黄色を思い出す方も 多いと思いますが サフランという香辛料は 下の写真の通りです クロコアイトに似てますよね
サフラン

クロコアイトの色

赤、オレンジ色、黄色の物があり、 条痕は橙黄色です

クロコアイトの硬度

2.5〜3 かなり柔らかい鉱物です 参考記事 加工が不可能なほどもろいので アクセサリーなどになることは ほとんどありません 産出された原石をそのまま楽しむことが 多いようです ちなみに人間の爪の硬度が2.5です でも、熟練の職人の技にかかると、 下の写真のような 美しい加工品もあるようです

誕生石

9月8日

クロコアイトの石言葉

幸福、叡智、勝利、成功

「クロム」という元素は クロコアイトから発見された

クロコアイトは1766年に ロシアのベレゾフ鉱山で発見されました 発見当初から鉛が多く含まれていることと 油絵具の原料に向いていることを 指摘され、「シベリアの赤い鉛」 と呼ばれ珍重されました その後、クロコアイトには 鉛の他に、鉄、アルミニウム、モリブデン、 ニッケル、コバルト、銅、ヒ素、硫黄が 含まれていることがわかりました 1797年、フランスのヴォークランが 確認するために 成分分析を行なった所、 クロコアイトから 鮮やかな黄色い物質(酸化クロム)が 得られました こうして新しい元素「クロム」が 発見されました ヴォークランは翌1798年、 エメラルドが緑色なのも ルビーが赤いのも 不純物として含まれる「クロム」 に起因していることを発見しました そのため19世紀に入ってから エメラルドだと思われていた 「ケルン大聖堂の聖遺物容器」が ペリドットだと判明したり (下の写真 左側) ルビーだと思われていた 「黒太子のルビー」が レッドスピネルだとわかったり (下の写真 右側) という事件があったのです いずれも美しいことに変わりませんね 参考記事

「死神」のカードの 運勢と「絵の説明」

おすすめの記事