ウェイト版タロットカード 「塔」の絵の説明

天にも届くような高い塔に 黄色い稲妻が直撃しています。 その衝撃で建物にいた人物たちが 落下しています。 また、塔の上の王冠のような物も 落下しそうです。 塔の破壊された場所と三つの窓から、 炎があがっています。 参考記事

ウェイト版タロットカード 「塔」の絵に象徴されること

この塔のモデルは旧約聖書に登場する バベルの塔である、 という説があります。 バベルの塔 人々は傲慢にも、天まで届く、 巨大な塔を造ろうとして、 神の怒りにふれます。 そして、塔は稲妻によって破壊され、 それまで一つだった人間の言語はバラバラになり、 協力できなくなりました:「バベルの塔」といえばブリューゲルを 思い出す方が多いと思います。 ブリューゲルらは、 ローマのコロッセオをモチーフに 「バベルの塔」を描きました。 しかし、「バベルの塔」が 描かれ始めた当初は、 細長い塔と階段で構成された絵が 多く存在していたそうです。 詳しくは KTAGさんの 「人間の思い上がりか神への挑戦か〜 バベルの塔」をご覧ください 一見、恐ろしいカードに見えますが、 塔の破壊された部分と、 三つの窓からあっがっている炎は 清め、浄化 の象徴です。 また、崩壊は、新陳代謝、再生へのプロセスも 意味しています。 塔の上にある、王冠は 成功を意味し、 成功が逃げて行くようで束縛からも解放されることを示しています。 稲妻の色が太陽の恵みを表す黄色なのも 特徴で、破壊されることが幸いであるように 描かれています。 雷は、神の戒めであり、救いなのです。 窓の形の四角形の4という数字は、 物質世界を表します。 人間の積み上げるものの限界です。

「塔」のカードの 運勢とクリスタル

+17
おすすめの記事