『日本神話タロット 極参』 鏡ノ捌 「離縁」
「鏡ノ捌」 カップの8

『日本神話タロット 極参』 鏡ノ捌 (カップの8)

「離縁」

「コノハナノサクヤヒメ」はお腹の子が「ニニギ」の子であることを証明するために火中出産までしました

しかし、「ニニギ」はそれでも無責任な対応をします

また、他の女性とも結婚してしまいました

(出産後の「ニニギ」や「コノハナノサクヤヒメ」については「古事記」には記述はなく、「薩摩風土記」によるものです)

参考記事

この記事に出てくる神々の系譜

注意

「竹屋守の女」は「古事記」「日本書紀」には出てきません

また「竹屋守の女」を「コノハナノサクヤヒメ」と同一とする説もあります

鏡ノ捌 (カップの8)の意味

正位置
価値観の変化、真の幸福、冷める、飽きる、見切り

逆位置
継続、不屈、理想の実現

『日本神話タロット 極参』 鏡ノ捌 (カップの8)の解説文(写し)

火中出産をして「ニニギ」の子だと証明してみせた「コノハナノサクヤヒメ」ですが、「ニニギ」は頑なに信じませんまでした

そのため「コノハナノサクヤヒメ」は「ニニギ」に愛想をつかしてしまい、(父の)「オオヤマツミ」の元へ 帰ります

「コノハナノサクヤヒメ」のその後

青島海岸

子供たちは「コノハナノサクヤヒメ」が育てた

「古事記」や「日本書紀」に記述はありませんが、産んだ三柱の子は、「コノハナノサクヤヒメ」が「オオヤマツミ」の元で育てたようです

宮崎県の青島は、「ホデリ」「ホスセリ」「ホオリ」の遊び場だったとされています

お乳の代わり甘酒をあげていた

「日本書紀」によると、「コノハナノサクヤヒメ」は子供たちに、甘酒の原型である「天甜酒(アマノタムサケ)」をあげたそうです

「コノハナノサクヤヒメ」にしてみれば
・天津神と姉妹で結婚
・姉は帰される
・夫には浮気を疑われる
・火中出産をする
・それでも「オレの子じゃない」と言われる
・(夫には別の妻も)
・しかも、子は男の子3人

となれば、お乳は足りなさそうですね

「天甜酒(アマノタムサケ)」をあげたというのも納得です

そのため「酒造業の神様」と祀られるようになります

木花神社(コノハナジンジャ)に「ホオリ」が来たという記述

木花神社(宮崎市)
「コノハナサクヤヒメ」は、現在の宮崎市に居を構えていたとされており、現在は木花神社となっています

そこに、成長した「ホオリ」が訪れたと伝えられています

子供に慕われた幸せな生活だったのではないでしょうか

後世、浅間神社と結びつけられた

富士山本宮浅間大社
「コノハナノサクヤヒメ」は火中出産を成功したということで、「火の神」「安産の神」であり、火に強いということで「水の神」にもなりました

江戸時代に、浅間大神として崇拝されていた富士山と結びつけられ、富士山本宮浅間大社に主祭神として祀られるようになりました

浅間神社は全国に1300社以上あると言われ、それぞれで祀られています

おわりに

「コノハナノサクヤヒメ」は「ニニギ」との結婚と出産は苦労が多かったものの、天津神である子供たちを自分の手で育てることができました

そして、慕われたようです

今でも、全国に「コノハナノサクヤヒメ」を祀る神社は多く、とても幸せな人生であったと言えると思います



にほんブログ村
おすすめの記事