「食べる美容液」「森のバター」と言われている
🥑輸入品が多く出回っているため、
スーパーに行くと、一年中見かける
アボカドですが、
国産(ほとんど沖縄産)を求めるなら、
10月下旬から1月頃が旬です。

なかなか、国産品を見ることは
ありませんが、今が旬、ということで、
今回はアボカドについて
書こうと思います。


🥑アボカドについて

主に熱帯、亜熱帯で生育されています。

日本には1970年ごろから、
輸入され始めましたが、
原産地の中央アメリカでは、
紀元前5世紀には栽培されていた
そうです。

日本で見かける輸入品のほとんどは、
皮がゴツゴツしていて、
熟すと黒くなるハス種です。

皮が厚くて、輸送に適している上、
食べごろがわかりやすいのが特長です。

また、他の種類よりも種が小さく、
食べる部分が大きいのも特長です。


🥑おいしいアボカドの選び方

「食べごろがわかりやすい」と、
書きましたが、
買ってきて、切ってみたら、
硬すぎたり、
黒くなってしまっていたり
した経験はありませんか。

私は来客時やお持たせでアボカドを
使う時は、必ず3個は買ってきます。

一生懸命に選んでも、黒くなっていたら、
人に出すのはイヤですから。

完璧な状態の物を探すのは、
難しいかもしれませんが、
いいアボカドを見極めるポイントを
紹介します。

・今すぐ使いたい時

色、、、、チョコレート色
形、、、、きれいな涙型
硬さ、、、指でそっと押してみて、
     程よい弾力があるもの


・数日後に使いたい時

色、、、、濃い緑色
形、、、、きれいな涙型
硬さ、、、まだ硬さのあるもの

食べ頃になるまで、風通しのいい、
日の当たらない室内で保存しましょう。

20℃前後が適正とのことです。

(結構、難しい条件ですよね、、、。)

早く完熟させたい時は、
リンゴやバナナと一緒に、
袋に入れておくと、
エチレンガスが発生し、完熟を助けます。

いずれの場合も、皮にツヤがあって、
シワがあまりない物を選びましょう。

また、ヘタが付いている物の方が
いいようです。


🥑アボカドの栄養

アボカドは、
「最も栄養価の高い果実」
と、ギネスに認定されています!

アボカドには20種類もの
栄養素が含まれていますが、
主な物を紹介します。

銅、、、、、血管、神経、免疫系統、
      骨の健康維持に。

食物繊維、、心臓病、肥満、
      2型糖尿病のリスク軽減。
      便通に。

パントテン酸、、食物が身体へのエネルギー
      へと変換されるのを促進。

葉酸、、、、脳が正常に機能するように
      促進。
      胎児の先天異常の
      リスクを軽減。

ナイアシン、、食物を身体のエネルギーに
      変換されるのを促進。

カリウム、、ナトリウムの有害な影響を
      相殺し
      血圧の上昇を防ぐ。

マグネシウム、筋肉や神経機能の
       調整など。

ビタミンC、、免疫力アップを助ける
      抗酸化物質。
      全身の組織の成長と修復に。

ビタミンE、、身体の組織の損傷を防ぎ、
      ウイルスや細菌に対抗する
      免疫システムの強化、
      維持を促進する
      抗酸化物質。

ビタミンK、、血液の凝固作用と
      右健康な骨に。


🥑アボカドの薬膳的効能

潤腸通便、、、腸を潤してお通じを促す。

補中益気、、、胃腸の機能を養い、
       気を補う。
       免疫力アップ。

美顔作用、、、顔色を良くする。


🥑アボカドの適量

アボカドは栄養がたっぷりですが、
カロリーが高い上に、脂質の多い
食品です。

1日半分から1個にしましょう。


🥑アボカドを使ったポタージュ
実際はもっと緑色です💦

🟢材料

アボカド  1個
玉ねぎ   半分
水     100cc
豆乳    200cc
コンソメ  小さじ1〜2
塩コショウ お好みで
オリーブ油 炒め用
パプリカ  お好みで

🟢作り方

①オリーブ油をひき、
 薄切りの玉ねぎを
 しんなりするまで炒める。
②①に水を加え、
 弱火で10分ほど煮る。
③②にアボカド、コンソメ、豆乳
 を加え、ミキサーで滑らかにして、
 ひと煮立ちする。
④お好みで塩コショウを振る。
⑤器に入れ、パプリカを飾る。


今年は家でクリスマスをお祝いする方が
多いのではないでしょうか。🔔

クリスマスディナーに
栄養たっぷりで、
きれいな色のスープはどうでしょうか。

皆さま方に、
よいクリスマスと幸運が訪れますように🎄


🥑参考ページ

豆乳と冬瓜のポタージュ




にほんブログ村






+29
おすすめの記事