『日本神話タロット 極参』 鏡ノ小姓「山幸彦 ホオリ」
「鏡ノ小姓」 カップのペイジ

『日本神話タロット 極参』 
鏡ノ小姓「山幸彦 ホオリ」(カップのペイジ)

「山幸彦 ホオリ」

ホオリ(山幸彦)」は「ワタツミの娘」の「トヨタマビメ」と結婚します

トヨタマビメ」は
「産まれて来る子は、天津神になるのだから、葦原中国まで来て生みたいわ」
ということで、ワタツミからやってきます

そして、
お産をするから覗いちゃダメよ
と言い、産屋に入ります

しかし「ホオリ(山幸彦)」は覗いてしまいます

すると、「トヨタマビメ」は大きな「ワニ(サメ)」になって、お産をしていました

トヨタマビメ」は恥ずかしく思い、子供を残してワタツミに帰ってしまいます

参考記事

鏡ノ小姓(カップのペイジ)の意味

正位置
愛情が深い、イマジネーション、直感、恋の始まり

逆位置
誘惑、弱気、依存、悲観、甘え

『日本神話タロット 極参』
 鏡ノ小姓「山幸彦 ホオリ」(カップのペイジ)の解説文(写し)

ホオリ(山幸彦)」は「トヨタマビメ」との間に子をもうけますが、海の民は出産時、人の姿でなくなるため、「ホオリ(山幸彦)」を産屋から遠ざけました

しかしどうしても気になった「ホオリ(山幸彦)」は産屋を覗いてしまいます

するとそこには「トヨタマビメ」の姿はなく、大きな和迩(サメ)が子を産んでいました

事情を知った「ホオリ(山幸彦)」は気にしませんでしたが、姿を見られたことに傷ついた「トヨタマビメ」は子を残してどこかへ去って行きました

この記事に出てくる神々の系譜

「トヨタマビメ」が出産の地、
とされる「鵜戸神宮」

鵜戸神宮
トヨタマビメ」が「ウガヤフキアヘズ」を産んだとされ、現在は「ウガヤフキアハヘズ」を祀っている「鵜戸神宮

宮崎県日南市にあります

「古事記」における、その後の展開

「神武天皇」
産まれてきた子供は、「ウガヤフキアへズ」と、名付けられました

ホオリ(山幸彦)」の元を去った「トヨタマビメ」は、置いてきた子供が心配になり、ワタツミから、妹の「タマヨリビメ」を葦原中国に送ります

ウガヤフキアへズ」は成長すると、「タマヨリビメ」と結婚します

そして、4人の子供をなします

その末っ子が「神武天皇」となります

「タマヨリビメ」についての記事

世界中にある
「見るなのタブー」
「メルシナ型神話」

何かしている所を「見てはダメ」と禁止されていたにもかかわらず、破ってしまい、恐ろしい目にあったり、相手が去ってしまうという話しは世界各国にあります

トヨタマビメ」のように異類の者の本当の姿を見てしまい、それが原因で 別れてしまうという話しを「メルシナ型」と呼びます

フランスの伝説に登場するメリュジーヌからそのように名付けられました

日向三代

ホオリ(山幸彦)」と「トヨタマビメ」の子供は「ウガヤフキアハヘズ」と名づけられます

(「ウガヤフキアハヘズ」に関しては、これと言った記述はありません)

ニニギ」、「ホオリ(山幸彦)」、「ウガヤフキアハヘズの三柱および それらの神々の時代をを日向三代と呼びます

皇室の祖が日向にあった時代です

・「ニニギ

高く積み上がった稲穂を意味する高千穂に降り立ったことから「穀物の霊=穀霊

山の恵みを司る「山の神」、「オオヤマツミ」の娘と結婚 します

ホオリ(山幸彦)

火遠理(ホオリ)」の火は「穂」でもあり、「穀霊

海と水を司る「海の神」、「ワタツミ」の娘と結婚します

山の神」「海の神」と結合し、力を得ることで、穀霊は豊穣をもたらせます

・「ウガヤフキアハヘズ」も穀霊です

したがって、日向三代は穀霊の成長を語る一面を持っています

にほんブログ村
おすすめの記事