不安を和らげる効果がある イランイラン
説明する精油:フランキンセンス、イランイラン
       ラベンダー、サンダルウッド

最近、マインドフルネス瞑想という言葉をよく聞くのではないでしょうか。

マインドフルネス瞑想とは

脳のトレーニングや、こころのストレッチ法として、 仏教のによる瞑想がルーツの、 「今、この瞬間に全力で集中すること」 が大きな意味となっています。 マインドフルネス瞑想は、 その状態になるまで 瞑想をすることを指します。 瞑想をすることは、 精神的な効果だけでなく、 記憶力や学力向上にも影響を与える効果も 実証されています。

マインドフルネス瞑想のメリット

モヤモヤしたり、 漠然とした思いや悩み、 人への怒りを、 全力で思考することで、  思考を整理   →思考の健全化   →思考のコントロール といった良い流れを生むことができるそうです。 つまり、「自分と向き合うことができること」 ができるのです。

マインドフルネス瞑想のやり方

①目をつぶり、楽な姿勢で座ります。 ②数回ゆっくり深呼吸を行い、その後、  自然な呼吸を繰り返します。 ③考え、雑念は出てきても、いったん手放し、  また呼吸に意識を集中します。 ・薄暗い程度の明るさの部屋で行います。 ・3〜5分から始め、慣れたら10分以上  行います。 ・朝、起きた後、寝る前の他、  リラックスしたい時にオススメです。   瞑想導入アプリも色々あるので、  (アプリの紹介は↑をクリック❣️)   慣れないうちは、   人の声にしたがって瞑想してみても   いいでしょう。   私は5位のmeisoonを愛用しています。   無料でできる部分だけですが。

マインドフルネス瞑想にアロマが合う理由

マインドフルネスもアロマも「」が鍵となります。 脳をリラックスさせることで、 マインドフルネスな 状態が実現しやすくなります。 リラックスといえば、副交感神経が有利な 状態です。 アロマは臭覚を通して、脳に直接働きかけます。 鼻で嗅いでから、0.2秒ほどで脳に伝わると 言われています。 つまり、 副交感神経を有利にするものや 呼吸器に作用し、神経を活性化したり、 脳を活性化するアロマを 使うことによって、 集中、リラックスしやすい状態、 マインドフルネスとなりやすい状態 となるのです。

マインドフルネス瞑想にオススメのアロマ

フランキンセンス

 乳香ともよばれるウッディで  スパイシーな香り。  呼吸器のケアに効果が期待できます。 フランキンセンスを説明したページ

イランイラン

 甘い香りで、緊張を解く作用、  不安を和らげる作用があります。 イランイランを説明したページ

ラベンダー

 甘く爽やかな香りです。  心身をリラックスさせる効果が  期待できます。 ラベンダーを紹介したページ

サンダルウッド

 お香の香りとして、  古くから使われています。  瞑想の場所が浄化され、  深いリラックス効果を得られるため  集中力も研ぎ澄まされます。 サンダルウッドを紹介したページ

マインドフルネス瞑想の時の アロマの使い方

・アロマストーンに1〜2滴たらす。 ・ティッシュに1〜2滴たらす。 ・お湯をいれたマグカップ  に1〜2滴たらす。 タロットカードも、自分と向き合い、 なりたい自分を想像することによって、 近づくヒントをくれますが、 瞑想も、脳と心を清めて、 自分らしさを見つめ直すものです。 その手助けとして、アロマを使ってみると、 楽しくマインドフルネス瞑想ができそうですね。 参考・ヨガ関連 このページを紹介
ラベンダー
+31
おすすめの記事