ウェイト版タロットカード 「死神」の絵の説明

馬に乗って、ガイコツの騎士が、 人々の元に来ました。 彼は五弁の花が描かれた 旗をもっています。 聖職者は祈り、許しを求めています。 子供たちもいます。 足元には、かつて権力者だった 王冠を被った人物が 倒れています。 その足元には、ホルンが落ちています。 中央の右に 太陽が昇ってきているようにも、 夕日が沈もうとしているようにも、 見えます。 参考記事

ウェイト版タロットカード 「死神」の絵が象徴すること

ガイコツの騎士は死神です。 しかし、この存在は本来、 人々に恐怖をあたえるものではなく、 死を司る神なのです。 彼は、未来に向かっています。 五弁の花は、四本足の生き物に 精神性を足した、人間を表してます。 旗の黒は終わりを、 白は、明け渡すことを表す色であることから、 「死を前に、おとなしく降参せよ」 ということを暗示しています。 祈っている聖職者と子供たちは 生きています。 しかし、権力にこだわった大人は、 死んでいます。 これは、老若男女、 死はおとずれることを 表しています。 足元のホルンは魂を導くもの とされています。
魂を導くものとされていたホルン
太陽は、毎日昇って沈みます。 死神は、 人間に訪れるサイクルの象徴で、 必ずしも、物質的な死 を表すわけではありません。

「死神」のカードの 運勢とクリスタル

+15
おすすめの記事