モリンガの木

何年か前に、「奇跡のスーパーフード」
として話題になった「モリンガ」
ですが、最近は国産品が多く
出回るようになってきました。

私たちの体に嬉しい栄養と効果が
いっぱいの「モリンガ」について、
今回は、から作られる
お茶パウダー
を紹介します。


🌳モリンガとは

インド北西部のヒマラヤ山脈が原産ですが、
日本では、沖縄県、鹿児島県、熊本県で
栽培されています。

成長が早く、毎年または多年生植物として
生育するので、商業用に毎年栽培されて
います。

葉をお茶やパウダーに、
種をオイルに使うのだけでなく、
未成熟の種のサヤは
ドラムスティック
と呼ばれ、カレーの香辛料として
使われることがあります。

は調理して食べることができる
そうです。

また、ジャマイカでは、
樹液青色の色素として
使うそうです。

モリンガ茶のティーパック
🌳モリンガの栄養

モリンガは食用植物の中で
最も栄養価が高いと
言われています。

主な栄養ビタミンA
    →皮膚や粘膜を
    健全な状態に保つ
・ビタミンB1、B2
    →酵素の働きを
    助けて脂質の代謝をする。
・ビタミンC
    →酸化防止作用がある。
・ビタミンE
       →毛細血管を広げ、血流の改善
     を助ける。
・ポリフェノール
    →抗酸化作用があり、
     シミ、シワを防ぐ効果がある。
・食物繊維
    →腸内環境を整える。
     コレステロールの低下。
・鉄分
    →体内の酸素循環をスムーズに
     してくれる。
     貧血予防に。

🌳モリンガから期待できる効果効能

・免疫力アップ
・疲労改善
・便秘解消
・リラックス効果
・安眠効果
・美容、美肌効果
・ダイエット効果
・デトックス効果
・アレルギー症状の改善
・糖尿病の予防
・高血圧予防
モリンガ茶
☕️モリンガ茶

熱湯      250cc
ティーパック  1個

熱湯の中にティーパックを入れ、
1分半煮出す。

アイスでもホットでも。
少し甘みを感じる、
よもぎ抹茶きな粉を
思わせる味です。

カフェインもなく、
赤ちゃんからお年寄りまで
安心して飲めます。


🌱モリンガのパウダー
見た目も香りも抹茶に似ています
手ヅミのモリンガの葉(沖縄産)を
粉状にした物。

このままお水やお湯に溶かして飲む
こともできます。

私は豆乳に混ぜてるのが
気に入っています。

冷たい飲み物にも
よく溶けます。


白玉粉に混ぜて2色の白玉あんこ
🌱モリンガのパウダーを使った
2色の白玉あんこの作り方

食材

白玉粉     100g
水       90cc
モリンガの粉 小さじ1
あんこ    お好みで
きな粉    お好みで


作り方

①白玉粉の半量に40ccの水
を加え、耳たぶくらいの
やわらかさになるまで
こねる。

②残りの白玉粉にモリンガの粉
を混ぜる。

③②に水50ccを加え、①と
同様にこねる。

④①、②を適当な大きさに
丸めて、
沸騰したお湯に入れ、
浮き上がるまで煮る。

⑤浮き上がって 2分たったら、
すくいあげて、
冷水に入れる。

⑥冷たくなったら、
水気を切る。

⑦お好みであんこやきな粉を
飾って出来上がりです。
(あずきの説明はここを
 クリック❗️)

味は、、、

言われなければ、
ほとんどの人が
抹茶のお菓子だと思うと思います。



このブログでは物品販売はしておりませんが、
参考に使用したモリンガの粉を
載せておきます。
今回使用したモリンガの粉
(株)モリンガ&モリンガ
 (会社のホームページは
 ここをクリック!)

40g
2192円 です。
代表取締役の鈴木さん モリンガパワーで元気いっぱいの素敵な方です。
🌱参考ページ

古事記にも登場!あずき

にほんブログ村

+29
おすすめの記事