水仕事の後などに良さそう

🧸先日、友人から、北海道のお土産に、
熊油という物をいただきました。

馬の油は使ったことがあり、とても
よかったけれど、
熊❓

熊のどこから油を取るの❓

高価なんじゃないの❓

などなど、疑問がいっぱい。

値段は、今、熊が増えているので、
安くなっているとのこです
たしかに割り引き率高いです。笑

熊が増えている

報道でご存知の方も 多いと思いますが、 このニュース記事を参照ください。 熊が市街地まで下りてきて、 襲われる人がいるので、 人にとっても熊にとっても、 おめでたいニュースではないのですが、 熊油は安くなっているようです。

熊油とは

熊の網脂から抽出した油です。 網脂(アミアブラ)とは 内臓のまわりについている 網状の脂のことです。 網脂を 温め、冷やして、 を何度か繰り返して 不純物を 取り除いて作るそうです。 昔から、「またぎ」の方々は、 熊を仕留めると、 皮下脂肪や網脂を取り出して、 傷薬や火傷の治療薬として 使っていたそうです。

熊油の期待できる効果

火傷、肌荒れに最適と言われています。 また、痔、霜焼け、虫除け、 アトピー性皮膚炎にもいいそうです。

熊油の匂い

頂いたとき、 「くさいから、家に帰ってから開けて。」 と、言われ、恐る恐る開けてみましたが、 それほど臭くありません。笑 でも、少し、ケモノの匂いがします。 牛脂を濃くしたような匂いでしょうか。

熊油の形状

冷蔵庫から出した直後
普段は冷蔵庫で保管します。固まります。
でも、それほど固くはなく、
指につけると、溶けるくらいの
固さです。
常温でトロッとした液状に。
冷蔵庫から出して
室温で10分もすると、
トロッとした液状になります。

熊油のアロマ的使い方

昨夜、かかとにぬってみました。 朝起きると、 とても、しっとりして、 肌に輝きが出てました。 冬の時期、重宝するのではないかと 思います。 匂いが少し気になるなら、 傷ややけどを治す効果が 期待できる、 ラベンダーや ユーカリラデイアータを ブレンドしてみましょう。 ラベンダーを説明したページ ユーカリを説明したページ 熊油5gに対して、 アロマの精油2滴です。 作り置きはしない方が 良さそうなので、 使う時に使う分だけ 容器に入れて作ることを オススメします。
ケモノ臭さも緩和されます。
これからの季節に効果がありそうです。
興味がある方は、お試しください。🧸

+21
おすすめの記事